CB缶レザーカバーをにジャストフィットで製作いたしました。

 

CB缶レザーカバー

 

アウトドアシーンで欠かせないガス缶となっているCB缶。

CB缶は、比較的山に奥まったキャンプ場でも、近くにコンビがあれば手にれることができるので、とても身近なガス缶です。近年、アウトドアギアでもCB缶に対応する製品が多くなってきました。

 

そもそも、CB缶ってなに??

アウトドアシーンでランタンやストーブ、ヒーター、バーナーなどで使用するCB缶(カセットガスボンベ)。

CB缶は家庭用カセットコンロなどで、食卓で鍋をするときなど昔から使用されているので、みなさんも見たことがある方も多いはずです。

CB缶のメリットは、やはり家庭用でも使用する為、どこでも非常に手軽に入手しやすい面があります。スーパー、ホームセンター、アウトドアショップ、コンビニにも置いてあります。

そしてなんと、キャンパーの強い味方ダ100円ショップにも置いてあるところもあるようです。

 

私自身もキャンプをするときには必ずと言っていい程、お世話になているガス缶です。

そして、今回アウトドア用にCB缶カバーを設計するにあたり、一番ポイントとしていたところが、「脱着」でした。(同時にとても苦労したところでもあります。汗)

 

自身のキャンプでの経験

 

以前にもCB缶に対応する本革のカバーを設計して、ジャストフィットで製作しました。

しかし、ある時・・キャンプで使用していて、外に置いて夜を明かしました。

3月初旬のふもとっぱらキャンプ場はまだ朝は冷え込みます。

そして翌朝、テントから外に出て焚き火を使用と思い、バーナーに火を付けようとすると・・カチッ、カチッ・・・ガス切れです!

すかさず、予備のガス缶にカバーを交換しようとしたところ、

 

「あれ??カバーが取れない!」

 

朝露に触れ、革が缶にぴったりと張り付いてしまったようです。カバーを外そうとすると、張り付いてはがせません。

ゆっくりすれば問題ないのですが、ガス切れをしているときなどは、これ結構焦ります・・・

もちろん、カバーを外さなくてもバーナーは機能するのですが、素手でバーナーを持っていると缶の部分がとても冷たく長く持っていられません。

一度、本革のカバーを使ってしまうと手放せなくなってしまったのです。

 

この経験から、今回のCB缶レザーカバーは取り外しが簡単に出来る事を追求して、何度も何度もミリ単位で試作を繰り返し、※ジャストフィットしてなおかつ脱着が簡単なカバーを設計いたしました。

 

 

※ジャストフィットとは??

  1. ガス缶を手で持った時に、革と缶の隙間が「0」となり、中で感がぐらぐらしない事。
  2. そして、缶のリブ(上と下にあるでっぱり)の部分まで綺麗に覆われて隠れている事。
  3. なおかつ、横から見た時にリブの凹凸がなくストレートの線を描く事。

 

 

また、リングも付けているので、フックを使って地面に置かずポールやバーにかけておくことができます。

 

 

 

そして同じく重要なのが、アウトドアのモチベーションを上げる要素、カッコよさ!!

 

CB缶レザーカバー

 

機能が良いだけではなく、アメリカンテイスト溢れるデザインも見どころです。

素材はもちろんナチュラルヌメ革ですので、使う年月に伴ってどんどん色が濃くなっていきます。

 

 

 

ララミーCB缶カバーの5つの特徴

 

  1. 脱着がしやすい
  2. フック付きで収納しやすい
  3. ヌメ革で経年変化が楽しめる
  4. アメリカンなデザインでカジュアルキャンプに合う
  5. リペアも出来て長く使える

 

 

仕様詳細

 

 

◇商品名 :本革 CB缶カバー ナチュラル
◇ブランド: ララミーレザー
◇カラー :革/ナチュラル  糸/ブラウン
◇サイズ: 約8cm×11cm
◇サイズ: CB缶250用 SOTOカセットガス他
◇重量:61g
◇素材:牛革ヌメ 麻糸

革にこだわり、すべてに昭南皮革ナチュラルベジタブルレザー(ヌメ革)2ミリ厚を使用。
本革そのものの模様・色の風合いを生かした貴重な素材となっています。
製法には、部位の違う革を手縫いで1点1点丁寧にパッチワーク。一つ一つ商品ごとに違った風合いを楽しめます。
使うほど「あめ色」に経年変化していくので、是非、長く使っていただきお楽しみください。

 

ご購入はこちらから

ララミーwebショップ

yahooショップ