伊勢崎市高等特別支援学校|本革ワークショップ チャームづくりを開講

みなさま、こんにちわ。ララミーレザーです!

今回、群馬県伊勢崎市にあります、伊勢崎市高等特別支援学校にて、高等部を対象に「革の講座と本革チャームづくり」を開講させて頂きました。

どうも、ありがとうございました。

 

 

 

伊勢崎市高等特別支援学校は、群馬県伊勢崎市にあります。

とても大きな校舎と校庭があり、子供がのびのびと学べる環境となっています。

 

この度は、引率してくださった教員の皆様、受講して下さった生徒たち、どうもありがとうございました。
そして今回、たくさんご参加いただき、大変感謝しております。重ね重ねお礼申し上げます。

 

 

プログラム概要

 

ララミーレザーでは、 本革チャームづくりとして、開講させていただきました。

 

日程と場所

 

◆日付:2019年7月16日(火)

◆施設名称: 伊勢崎市高等特別支援学校

◆住所:群馬県伊勢崎市

◆時間:13:00~14:30

◆参加者数: 13名

◆対象:高等部

 

ワークショップについて

 

講座名:革の講座とワークショップ~さまざまな形から創造する本革チャームづくり~

講座内容:「革」の基本を学んで、レザーを使ったオリジナルの作品を作ります。

講座は、このような流れで進行させていただきました。

 

 

スケジュール

 

 

 

革のお話とクイズ

 

革のおはなしとクイズでは、自然の産物である本革のことをみんなに考えてもらったり、みんなの食べているお肉、牛の革についてお話させていただきました。

そして、みんなの生活や暮らしの中で、革はどんな所に使われているかなどディスカッションしました。

 

 

 

 

革を観察してみよう!!

 

本革を知っていただくために革を「見て触って嗅ぐ」という体験をしてもらいました。

 

 

 

本革は、いろいろな特徴があります。匂いをかいだり、ひっぱたり、こすってみたり・・・思い思いに観察してもらいます。

 

 

 

 

じっくりと観察することで、天然素材への関心をもってもらいました。

 

 

なにに見える?のご紹介

 

そして、作品の製作にはいりますが、その前にワークショップの主旨を紹介させていただきます。

 

このワークショップは、「さまざまな形のヌメ革に、それぞれ想像して描く」というこどもの潜在的にある創造力(アート)を引き出すというユニークな作業になっています。

 

はじめは、色もついていない、形もばらばらの革。

そのなにも下絵の無い革素材を使い、自分の中で自由にイメージをして、思いのまま形にしていきます。

そうすることで、創造力の向上を目標とし、また、モノづくりを通じて才能や創造性を発見できると考えています。

 

 

作品づくり

 

 

 

 

たくさんある革から、いろんな形を見て選ぶことから始まります。

みんな、さまざまな形の革を見てイメージをふくらませます。

 

 

 

 

インプットからアウトプットの思考へとなります。

また、革のことを真剣に考え、素材に対しての知識がついてきたので、作品作りにも熱が入るのではないでしょうか。

 

 

 

みんな、集中してデザインに取り組みます。どの生徒たちも楽しそうに取り組んでいました。

 

 

 

自分にピンときた形を選ぶところが、良い作品づくりの一番のポイントになっています。

わきあいあいとあっという間に約20分ほどしたところで、発表会に移ります。

 

 

発表会

 

●発表会では、一人一人前に来てもらい、作品を発表いたしました。

 

 

 

同じものが2つと無い作品たちです。

どれもひとつひとつ、個性があり、大人では発想できないような作品が出来上がりました。

このような作品に出合えることも、「なにに見える?」ワークショップの醍醐味かと思います。

 

 

生徒たちに、作品に題名を付けてもらいました。

 

・フクロウ

・アリクイ

・チャンピオンベルト

 

などなど・・・

 

ひとつひとつ、個性があり、大人では発想できないような作品が出来上がりました。

このような作品に出合えることも、「なにに見える?」ワークショップの醍醐味かと思います。

経験や知識の新しい子供ならでわの素晴らしい芸術ともいえる作品。

どれも、子供たちの潜在する能力になんとも驚くワークショップでした。

大きくなって、この作品を見たときに、今日のことを思い出してもらえると嬉しいです。

 

 

PS

当日は、フォローしてくださったスタッフ及び関係者の皆様、どうもありがとうございました。

みなさん暖かく迎えていただき、ワキあいあいと、とても楽しい講座とすることができました。本当にありがとうございました。本当にありがとうございました。