【目にやさしい色とは??】

 

ステイホームが続き、どうしてもスマホやパソコンを長時間使う機会が増えてきます。

そして最近、動画など楽しいコンテンツも多いいのでついつい長時間見てしまいます。

そして、気が付くと目が疲れてることも。

 

緑色が目に良い理由

 

っということで、すぐ日常生活に取り入れてみようと思い、「どんな色がいいんだろう?」と調べてみました。

 

 

 

目にやさしい色…というと、みなさんは何色が思いつきますか?

 

まず、一般的なのが緑。

目が疲れると「緑を見るといい」と言いますよね。

 

緑が良い理由には、いくつか科学的根拠があるようなのです。

人間の目は色を光の波長で見ています。

 

それは波長が関係していた

 

そして人間が感じ取れる波長の範囲は約380nm(ナノメートル)~750nmだそうです。

波長は長い程「赤」になり、短くなるほど「青」に変化していきます。

ななるほど。アウトドアのヘッドライトで白と赤に切り替わるタイプがあるのは、
この波長を変えて状況に応じて使い分ける為だったのですね。

そして、人間の目は波長の中でも555nmの光が一番弱い光で感じるそうです。つまり、555nmの波長に近い色の光だと刺激が少なく目に負担がかかりにくいということになります。

そして555nmの波長にとても近い色が緑色なのです。

緑色が目にやさしいというのは「光の波長が弱い」という理由だったのです。

そういえば、学校の黒板が緑色なのもそうですね!?

 

自然の中にいるとリラックスできるのは、こういった科学的な根拠があるのも驚きです。

しかし、その前に人間が何となく感じている「感覚」というのも中々神秘的ですね。