自分で育てるのヴィンテージ

 

 

 

あなたは、こんな経験はありませんか??

  • 長く使ったバッグがなぜか捨てられない。
  • 気に入った時は同じものを2つ欲しくなる。
  • 持ちものに「お手入れ」をしていると楽しい。

もし、この中で2つ以上当てはまるようでしたら、あなたはヴィンテージ好きと言えるでしょう。

ヴィンテージとは、前述のように元来はぶどうの収穫を指し、ぶどうを醸造してワインにする年号、そして車両やジーンズ、ギターなどに対してある特定の年代の事を指す言葉である。
引用元: 出典:wikipedia

 

ビンテージ製品が良い理由

いまだにファンの絶えない「ビンテージ製品」。ではなぜ、ビンテージは今でも人気があるのでしょうか?

ビンテージと言われるものは、丈夫で使う程、素材の良さが引き立ち、そして年月が経つほど良くなります。今の既製品では考えられないルールです。

その「年月が経つほど良くなる理由」には、天然素材の歴史で「先人たちが発見した加工法」にあります。

例えば、ジーンズに藍染め(インディゴ)をつかう。糸の繊維に綿や麻をつかう。革のなめしにミモザや植物の渋をつかう・・・
このように、先人たちが発見したどり着いた知恵には自然素材を最大に活かす事が出来きると考えます。

その結果、人間らしさの残る素材となっているのではないでしょうか?

そして、その素材を組み合わせ作る事で、使う程に素材の良さが引き立ちあい、そして味わい深い「ビンテージ」になると言われています。

これは、自然なエイジング(経年変化)をとても感じやすい素材だからです。

そして、、ララミーが最高なエイジングする素材を考え抜き、辿り着いた結果があります。

ヌメ革の経年変化

 

ヌメ革は、時間をかけて使い続けるうち、色も変化し次第に深みのある香ばしい飴色へとが変化が始まります。

色が変わる理由は、革に含んだ渋やオイル、そして使うたびに手の脂がしみ込み、、日焼けすることで色も少しずつ変化します。そして摩擦が加わり、擦れた部分は光沢が増していきます。

ヌメ革は丈夫で長く使えるので、機能性は損なわないまま、革だけがゆっくりと手に馴染んで柔らかくなっていきます。結果、絶妙なグラデーションが生まれ、革特有の雰囲気に仕上がっていくのです。

自然のなめし革は、使う人の環境により変化していきます。それが「味」として飽きずに使える理由なのかもしれません。

参考記事:ヌメ革とはどんな革??無染色ナチュラルレザーのまとめ

本藍染デニムの経年変化

本藍染デニムの奥深い濃い藍色の生地は、使う程に立体的なアタリやヒゲなどが浮かび、本格的な経年変化をするものです。

綿100%の素材がゆえ、日常で気兼ねなく濡れた手を拭いたり、汚れや破れの心配もせず使えます。
それでも洗えば洗うほどに鮮やかなに変化して、清潔感があるのもデニムの特権と言えます。

通常、色落ちや傷などダメージできると価値が下がるのが普通です。でも、ララミーの使うセルビッジデニム生地においては、良い色落ちやダメージ感のあるものにも、高い価値感を生み出すことができます。

自然素材から作られるヌメ革とデニム。こちらも革同様に、本物の独特な経年変化をしていきます。
こうしたエイジングは自然素材の醍醐味ともいえるのではないでしょうか??

 

ヴィンテージとはワーカーズスピリッツ

 

このように、良い製品とは、使う人の事を第一に考え本物で作られたアイテムである事に違いはありません。

それは時に、大量生産や量販品とは逆の考え方にもなります。かの有名なリーバイスも同様に、当初はワーカーズの為にジーンズを作ったと言われております。

ララミーは、このようなワーカーズスピリットに敬意をいだき、この時代背景を色濃く残し、当時の製法のナチュラルレザーとデニムを使い、手の込んだ製品をつくり込んでいます。

そして、ララミーを選んで頂いたからには、その仕上げの手触りはもちろん、使い古すのではなく、ずっと使ってもらいたいという思いが込められています。

 

参考:1998s-laramie-wallet

 

 

では、ここまでお話しすると、ララミーの製品を長く使っているとどうなるか??

そして、革の様子や形はどうに変わっていくのか・・気になる所ではないでしょうか?

良い製品は、使う程、少しづつじっくりと経年変化を見ることができます。

革は、ヌメ革というナチュラルレザーを使うことで、色に深みが表れ・・・

 

 

いつしか振り返ると、自分だけの「色つや」を表現になっている事に気が付きます。

 

 

生地素材は、天然インデイゴにおるデニムを使っているので、ナチュラルレザーと共にエイジングを始めます。セルビッジデニム特有のたて落ちをします。

 

 

このように、ただ丈夫で長く使えるだけでなく、1870年代からのオールドアメリカンのエッセンスを取り入れ、楽しく使いながら最後に感動をしていただける商品となっております。

ララミーは、その為だけに素材、製法ともに、厳選と研究を繰り返し行い製作しております。

 

お客様のエイジング例一覧はコチラ

 

これまでナチュラルレザーをご愛用してこられた方、または本革自体が初めてという方にも、ララミー製品のエイジングをご覧いただき、ずっと触っていたくなる手触りと、出来れば革の香りを体験してください。

そして、育てた製品への愛着や思い出には、他に変えられない感情が芽生えるでしょう。

あなたから代々引き継いでもらう価値が出てくるのではないでしょうか。さらに、物語が詰まったその製品、その時こそ製品からヴィンテージに変わる瞬間なのではないでしょうか?