本庄市 前原児童センターにてレザークラフト体験 本革ワークショップ開催しました。

みなさま、こんにちわ。ララミーレザーです!

埼玉県本庄市の前原児童センターにて、小学生を対象に「革の講座と本革チャームづくり」を開講させて頂きました。どうも、ありがとうございました。

 

 

 

 

今回、ワークショップを開催いたしました本庄市の前原児童センターは、利便性の良い本庄市の中心部に位置した、子供がのびのびと遊べる施設となっています。

 

ワークショップ日程と場所

◆日付:2019年9月7日(土)

◆施設名称: 本庄市前原児童センター http://www.city.honjo.lg.jp/event/1395025842199.html

◆住所:埼玉県本庄市前原1丁目4番13号

◆時間:14:00~15:00

◆参加者数: 8名

◆学年:小学校1年生~6年生

 

前原児童センターの場所は、本庄高校からほど近い場所になります。

駐車場は施設敷地内にございます。細い道を入った奥まった場所にあるので、初めての方は曲がる場所を確認しておいたほうが良いかと思います。

 

児童センターの営業時間は、月曜日~土曜日(休日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
午前9時~午後5時 (開館は午後5時45分まで。)とのことです。

乳幼児から小学生までの児童が自由に遊べる施設ですので、是非遊びに行ってみてください。

 

 

 

 

ワークショップについて

 

講座名:何にみえる??~さまざまな形から創造する本革チャームづくり~

講座内容:「革」の基本を学んで、レザーを使ったオリジナルの作品を作ります。

 

 

 

 

当日の講座は、このような流れで進行させていただきましたいたします。

 

講座とワークショップのスケジュール

 

 

 

革のおはなしとクイズ

 

革のおはなしとクイズでは、自然の産物である本革のことをみんなに考えてもらったり、みんなの食べているお肉、牛さんの革についてお話させていただきました。

 

講座では、ワークシートを使用しながら進行し、より関心を持ってもらい取り組んでいただけました。

 

 

革を観察してみよう!!

 

そして、本革を知っていただくために、みなさまに、革を「見て触って嗅ぐ」をしてもらいました。

本革は、いろいろな特徴があります。

 

なので、匂いをかいだり、ひっぱたり、こすってみたり・・・思い思いに観察してもらいます。

 

じっくりと観察することで、天然素材への関心をもってもらいました。

 

 

 

なにに見える?のワークショップ

 

そして、いよいよ作品の製作です。

 

 

 

このワークショップは、「さまざまな形のヌメ革に、それぞれ想像して描く」という児童の潜在的にある創造力(アート)を引き出すというユニークな工作です。

 

ララミー 子供向けワークショップ

 

はじめは、色もついていない、形もばらばらの革。そのなにも下絵の無い革素材を使い、自分の中で自由にイメージをして、思いのまま形にしていきます。

そうすることで、創造力の向上を目標とし、また、モノづくりを通じて才能や創造性を発見できると考えています。

 

 

作品づくりスタート!

 

たくさんある革から、いろんな形を見て選ぶことから始まります。

 

みんな、さまざまな形の革を見てイメージをふくらませます。

 

 

 

自分にピンときた形を選ぶところが、良い作品づくりの一番のポイントになっています。

 

 

作品発表会

 

 

 

 

 

 

どれもひとつひとつ、個性があり、大人では発想できないような作品が出来上がりました。

 

同じものが2つと無い作品たちです。このような作品に出合えることも、「なにに見える?」ワークショップの醍醐味かと思います。

 

経験や知識の新しい子供ならでわの素晴らしい芸術ともいえる作品。どれも、子供たちの潜在する能力にびっくりするワークショップでした。

大きくなって、作品を見たときに、この日のことを思い出してもらえると嬉しいです。

 

ララミーレザー